野球用品ベースボールタウン
立花龍司のメジャー流少年野球コーチング(小学生編)
ケガを防ぐ正しいフォームと神経トレ、一流選手になる素養を磨く
rakuten.co.jp


少年野球の練習方法

89_001_160
>>7日間スラッガー養成プロジェクト

息子の通う地元の小学校の少年野球コーチをしています。
よく親御さんから受ける質問で多いのが…。

「どうしたら試合でヒットを打てるようになりますか?」

という内容のものですかね〜。
その答えは1つ。「練習をさせてください!」といいます。
毎日自宅で20分でいいから練習をさせてください。
これしかないからです。

でも、それだけでなく、もう1つ。練習方法を教えています。
"素振り"と"ティーバッティング"のやり方を教えます。

ポイントは、子供だけでなく親が横でサポートすること。
素振りにも課題があります。例えば「軸足の作り方」「体重移動とか」などなど!

その時の課題を決め、そこを意識して素振りをします。
次に、実際にボールを打ってみます。
ティーバッティング練習をします。これ使えます!>>バッティングティー
このティースタンドと、"公園の網"か"学校のサッカーゴール"を利用して親子で練習しています。

この練習方法を繰り返すことで、確実に子供のバッティングは伸びます。
「課題ができているか?」と横で親がチェックしてあげることで、バッティングの上達がぜんぜん違ってきます。

一番ダメなのが、「練習してきなさい!」と口だけタイプの親御さん。1日20分、子供に付き合ってあげることができるか?「仕事や家事で忙しい…?」

素振りは、夕食後自宅でもできます。バットを持たずに新聞紙を丸めたものでもいいじゃないですか〜?
その工夫するということがまた大事。子供はそれも覚えます♪

「えっ、野球経験がないから分からない?」

これもちょっと工夫する。元プロ野球選手が少年野球の子供達向けに野球教室のDVDなどを利用する。野球経験のない親御さんでも、バッティング指導ができるように編集されています。7日間スラッガー養成プロジェクトの内容は抜群ですね〜!>>7日間スラッガー養成プロジェクト


試合で子供がヒットを打つ姿を見るのは、何よりも楽しいです。子供が自信に溢れた顔になることに乾杯!

長文読んで頂き有難うございました。一人でも多く子供が少年野球を楽しめますように♪



バッティングの指導方法

P1000474小学生を指導する監督、コーチ、お父さんは是非見てほしい野球DVDですね。

「バットを上から出せ!!」

この言葉が間違ったスイングを覚える原因になってしまうとは思いませんでした。

私は、少年野球時代に実はこう教わったのです…。

多くの少年野球指導者が、このような間違えたバッティング指導をしています。

子供へダウンスイングを教えてしまうと…。

その結果は…。

体の構造上、必ず肩は開くものなのです。

イチローや松井などプロの好打者を見てみてください。
ダウンスイングなんてしていません…。

正しいバッティング、正しいバットの軌道、そしてスイングイメージ、これを正しく理解し、子供に教えてあげることが大切だと痛感しました。

◎荻原誠
91年、大阪桐蔭の4番打者として、高校野球で全国制覇を果たし、
92年、ドラフト1位で阪神タイガースに入団。

詳細>>>
萩原流ジャストミートセオリー




少年野球(軟式)の指導

昨年、ラジオの文化放送で著者が紹介されていて、
興味を持って購入しました。



▼野球食Jr.
海老久美子
ベースボール・マガジン社

少年野球で頑張る子供を持つと「食」のこと気になりますよね。
小学生は、「練習だ!」「技術だ!」といっても体の大きさがものをいいます。
中学生になってもそうですね。

野球を通して健康で丈夫な体を作るためにも、
しっかり食べる習慣をつくらなければいけないと思います。

「成長期の少年球児にこそ食の大切さを知ってほしい!」と
食に関する身近な疑問についての答えが詰まっています。

高校球児をめざす小・中学生親御さんの必読書ですよ♪

親や指導者へ向けに詳しく解説するQ&Aスタイル、
巻末カラーには、手軽につくれる球児レシピ満載です。


▼詳細はこちら
野球食Jr.



少年野球(軟式)の指導

少年野球の上達法

少年野球(軟式)の指導、練習方法、レベルアップのコツを紹介します。
子供と一緒に野球を楽しもう!!


私の息子は小学校の3年生の時に地元の軟式の少年野球チームに入団しました。入団後暫くして練習を覗きにいった時のことです。外野を守り、コーチからノックを受けていました。外野フライがくればバンザーイ!ゴロがくればトンネルでした。


「こりゃー、駄目だ・・」


そんな状態だったので、息子は少年野球チームの練習から帰って来るなり、「お父さん〜、野球教えて・・」と言ってきたのです。うちの息子は同学年の子に比べたら入団が遅かったので、「土日にちょっとキャッチボールなどくらいではレギュラーはなれないな」とその時思いました。


そこで私は息子へ「お前、本当に野球が上手くなりたいか?」と聞きました。上手く成りたいなら「お父さんと朝1時間早くを来て毎日練習しよう!」と言いました。


息子は「うん!」と頷き、それから親子二人三脚で軟式少年野球への挑戦がはじまりました。


何事も一足飛びに上達するものはありません。野球も勉強も同じです。イチロー選手のように毎日コツコツと練習を積み重ねるしかありません。


少年野球が上達するようにDVDや本を見てたり、プロが教える野球教室に参加し勉強しました。そして練習メニューを決め、基本を中心に毎朝繰り返しやりました。


もうじき朝練を始めてから3年になります。今年、息子は小学校の6年生になります。フライもゴロも捕れなかった息子は、少年野球チームのエースになりました。昨年は5年生エースで6年生相手に3位に入賞しました。今年は背番号「1」を背負い、優勝目指して勝負の年です。そして毎日楽しく野球をしています。


3年間を振り返って思うのは、野球の練習を通して子供とコニュニケーションが取れて良かったと思います。もし少年野球がなければ会社の残業で疲れて帰って来て、朝はぎりぎりまで寝ていて会社に出勤するような生活でした。そのまま行けば、子供は中学に行き、自分の経験から言うと中学生になると親とは口を利こうとしません。「うざい・・」でお終いです。


そうなる前に、
・コツコツとやりぬくこと
・チームワークのこと
・積極性
・強さ
など人生に必要な色々なことを子供と話が出来ました。


「たかが少年野球、されど少年野球」かもしれません。でも優勝目指して進む中、指導や練習を通しての色々な出来事がおきます。時には壁もあります。でも壁を乗り越えるたびに子供の親も成長します。


そして試合、子供達はプロ野球顔負けの名プレーを魅せてくれます。その魅力を引かれて優勝目指し子供と頑張っています。





少年野球(軟式)の指導

野球に限らず何事も目標へ到達するには、日々コツコツと積み重ねるしかありません。野球であれば練習を1つ1つ積み重ねるしかありません。継続することが唯一の上達法です。

プロ野球選手の少年野球のメッセージの中にあるのが、「基本を積み重ねることが上達への道です。」といった内容のものを多く見ます。少年野球の選手でもプロ野球選手でも、レベルの違いはあっても基本的には練習内容は同じだといいます。

野球経験が少なくまだまだこれからの子供達は、練習を繰り返すことで急激に技術力があがります。野球教室で習う、チームの監督、コーチに習う。重要なのは、野球の指導を受けたら、その場で終わりにしないことです。練習方法を普段に取り入れることが大切だと思います。そして、継続していくことが必要だと思います。

しかし、少年野球の選手の場合、子供達だけだとここが難しい。継続できないのです。親御さん、監督、コーチさんなど、普段子供と共有できる時間を持つことができる大人がキーを握ります。

継続して繰り返し練習できる環境を作ってあげることが大切だと思います。「私は経験もないし、野球の指導なんてできない・・・」といわずに、我が子に野球を上手になってもらいたいという気持ちが少しでもあれば、家でも練習できる環境を作ってあげてください。

キャッチボールをしたり、素振りをさせたり、バッティングセンターへ連れていく、できることは沢山あります。1日30分でも続けていれば、かなりの練習量になります。


継続は力なり。
このことわざに上達のヒントが隠されています。


我が家では毎日ティーバッティングをしていますよ!


▼詳細
★Louisville Slugger 2009年カタログ商品★ルイスビルスラッガー TEEBALL ケンコー KTT ケンコ...




バッティングの指導方法

少年野球を始めたばかりの子供に素振りをさせると、バットを振るというより、バットに振りまわされているといった感じの子供が多い。バットを振ってフラついていては、まずヒットは打てない。

野球を始めた初心者へ対して、コーチとして最初に教えるのは二本の足でしっかりと立つこと。個人差はあるがスタンスは肩幅より少し広いくらいと指導している。

次は構えについて。昔ヤクルトに栗山という選手がいた。栗山が解説者になってからバッティングフォームについてこういっていた。「傘をさすようにバットを持ち構えなさい」と。

この一言が私の記憶に深く残った。私自身、この説明が一番ピントきた。傘を持つイメージでバットを持ち、傘をさすように構える。そしたら、バットを持っていない手を添える。するとグリップが右肩の(右打者の場合、左打者の場合は左肩)あたりに自然に来て、脇が軽くしまり、リラックスして構えられる。後は膝を少し深く曲げ緩める。

野球入門者がバッティングの構えでまず覚えること。それは、自然体のリラックスして状態でバットを持ち、しかっりと立つこと。そしてボールを良く見る体制をつくること。

野球経験がなく親御さんが、野球を始めた息子(娘)へバッティングを教える場合、「傘をさすように構える」というと子供は理解しやすいと思う。イメージがスムーズに伝わる。

まずは、そこから♪



バッティングの指導方法

子供やファンを楽しませるプロ野球選手というと、
巨人のラミネスが一番始めに思い浮かぶ。

ラミネスのゲッツをはじめ、
パフォーマンスは最高♪

それに実力もあるところがいいね。
外の球団から巨人へ移籍すると活躍しない選手が多かったが、
ラミネスはホームランを打つものな。

そのラミネス選手がバッティング上達法で心掛けるポイントを語る。
「どんな練習でも自分のヒットポイントを想定しながらやることが大事」と。

コースは内角、真ん中、外角の3つ。
打つポイントはそれぞれ違うが、
この3つを全部同じスイングで打つことが大切とか。

逆方向へ打つ際には、ステイバックを長めに取るだけでいい。
そうすれば、逆方向へも力強い打球が打てるという。
因みに一番練習をしないとならないのは外角ですって。

ラミネス選手、
勉強になりました♪