野球用品ベースボールタウン

トップページバッティングの指導方法ホームランの打ち方

バッティングの指導方法

少年野球のバッティングのコツです。今回はホームランを打つコツです。

ホームランのような飛距離のある打球を飛ばすバッティングは、手打ちにならないようにし、軸足に体重をのせて打ちます。

つまりステップした足に体重をかけすぎると、腕だけのスイングになっていまいます。しっかりと軸足(キャッチャーよりの足)に体重をのせてバッティングをする練習をしましょう。

ミートポイントに向けては、腕は最短距離で動きますが、バットのヘッドは遠回りさせた方が遠心力が生まれ大きな当りを打つことができます。

ただ、少年野球の場合は無闇に大振りをする選手がいます。腕の振りは最短距離であるのが指導のポイントです。

ピッチャーの投球したボールが来たら、軸足に体重をのせて体を回転させます。そして、そのまま大きく前に振りぬきます。

インパクトの瞬間はボールを押し込むようなイメージを持ってください。手首を返そうとしがちですが、手首は自然に返ります。

フォロースルーでは、前に大きく振りぬけば手首が自然と返りますので、そのままフォロースルーをとるようにします。

フォロースルーの時にグリップの位置が肩よりも上に来るようにバットを振り上げましょう。

少年野球でも体のあるホームランタイプの選手は、大振りにならないことを注意し、軸足の体重をため豪快なスイングでホームランを狙いましょう。
立花龍司のメジャー流少年野球コーチング(小学生編)
ケガを防ぐ正しいフォームと神経トレ、一流選手になる素養を磨く
rakuten.co.jp