野球用品ベースボールタウン

トップページ少年野球の練習方法少年野球の試合はゴロが多い

少年野球の練習方法

少年野球の試合で一番多いのが内野ゴロです。そして軟式の場合は、ゴム系の素材で出来ているので高いバウンドのゴロも多く来ます。まずは基本として色々な内野ゴロを捕ってファーストで確実にアウトにすることから指導すると良いと思います。

練習方法は、まず止まっているボールを捕りファーストに投げることから始めます。
これは軟式ボールを握ることも同時に慣れます。その後、手でイージーなゴロを出し正しいステップでボールを捕り、正しいステップでファーストに投げる練習をします。

この時のチェックポイントは

・ステップした軸足が送球方向に対して直角に向いているか?
(すなわち足の内側が送球方向を向くということです。少年野球で結構このステップを疎かにしているプレーヤーを見かけます。)

・送球の際、ステップした前足は送球方向を向いているか?

・ボールほ左足の横で捕っているか?(右投げの場合)

・両手で捕っているか?
(グローブを付けていない手は、ボールがクラブに入るとき上から蓋をする要領で使う)

・グローブを下から上に使っているか?

などです。

この練習を繰り返し行ないます。そして正しいフォームのイメージを頭に焼き付けます。少年野球の試合でゴロを捕れない、捕ってもファーストでアウトに出来ないと勝てません。その基本が見につけるために止まっているボール、手で出したボールをきっちり処理できるように徹底的に指導してください。
立花龍司のメジャー流少年野球コーチング(小学生編)
ケガを防ぐ正しいフォームと神経トレ、一流選手になる素養を磨く
rakuten.co.jp