野球用品ベースボールタウン

トップページバッティングの指導方法アウトコース低めのバッティング

バッティングの指導方法

アウトコース低めへの投球に対しては、体から遠い分他のコースよりも長くボールを見ることが出来ます。反面、腰の回転がしづらく、体の力をバットに伝えにくいコースです。

少しでも力を伝えるためには、じっくりとボールを見て出来るだけ引き付けてバッティングをするように指導します。

バッティングの基本としてステップした足はホームプレートに対して平行にピッチャーの方へ出していきますが、アウトコース低めのボールを打つ場合は、ホームプレート側へ踏み込んで打つことも大切です。

踏み込んでバッティングをすることで腰もスムーズに回転でき力強い打球を飛ばすことができます。

またバットが届きにくいところのボールを打つので重心をかかとに残しておいたのでは下半身のパワーを上半身に伝えることができません。ボールに対してバットを出しただけのバッティングとなってしまいボールに力を伝えることができません。

しっかりつま先側に重心を移動をせて打つように練習しましょう。
アウトコースの低めへの投球打つことは、少年野球の選手には難しい面もあるかとおみますが、ボールに向かっていく気構えで練習しましょう。

立花龍司のメジャー流少年野球コーチング(小学生編)
ケガを防ぐ正しいフォームと神経トレ、一流選手になる素養を磨く
rakuten.co.jp