野球用品ベースボールタウン

トップページバッティングの指導方法速球を打つ

バッティングの指導方法

速球を打つには瞬時の判断によるスイング始動が必要です。いかに早くバットを始動させるかがポイントになります。その為、まずバットのグリップいっぱいに持つようなことはさけ、グリップエンドから指2〜3本分短く持ち、軽く握ります。こうすることによりバットが手の延長線上にある感覚が持てヘッドが早く出てきます。

バットは手の平で包み込むように持ち、小指と親指はしっかり握り、ミートの瞬間左手の小指と薬指でしぼり込むようにします。

バットは立てずに45度くらいの角度にねかせます。速球に対してバットが立っていると、高めの投球に対して振り遅れるばかりか、低めの投球にもバットコントロールが鈍ります。

次にテイクバックのタイミングを早くし、トップの位置を早くつくるようにします。そして速球に対しては合わせに行かずに鋭くスイングします。少年野球の選手などはとくに、速球をみると「空振りをしたくない!」という気持ちが強く、合わせに行ってしまいがちですが、ただ合わせたバッティングは、たとえボールに当ってもぼてぼての内野ゴロだったりします。

速球には、鋭いスイングで立ち向かいましょう!

バッティングセンターなどで早いボールに目を慣らして置く練習方法も良いかもしれません。

立花龍司のメジャー流少年野球コーチング(小学生編)
ケガを防ぐ正しいフォームと神経トレ、一流選手になる素養を磨く
rakuten.co.jp