野球用品ベースボールタウン

トップページ少年野球の練習方法難しいゴロを捕る練習方法

少年野球の練習方法

少年野球の守備ではゴロを処理するケースが多いと話しました。そしてゴロの中でも難しいのがショートバウンドを捕るという場面です。

軟式ボールの素材はゴム系の素材で出来ている為、大きく弾むことが多いです。バッターが打ち、打球のバウンドが大きければ一塁への送球までの時間が短くなります。

内野手は突っ込んで行きボール捌き、一塁に素早く投げないと少年野球の試合では間に合いません。サード、ショートは特にです。

そして打球に対して突っ込んで行った時、タイミング的にショートバウンドになったしまうことがあります。

また送球を受ける場合でも、少年野球では捕ったボールを送球する際に投げる選手が力がないのと、コントロールが定まらないのとで送球がショートバンドしてしまうケースもあります。受ける選手はショートバウンドの処理をしないとなりません。

ショートバンドで処理をしないようなフィールディングが基本ですが、ショートバウンドのボールを捕ることができると応用が利きます。

練習方法をしては、お父さんと子供が7メートル位離れて経ち、子供はゴロを捕るために構えます。お父さんは適度な強さ(バウンドが頭の高さくらいなるように)に軟式ボールを大きくバウンドさせ、それを子供がわざとショートバンドさせて捕球します。2〜3バウンドするような感じになると思います。

この練習方法のポイントはお父さんが投げると当時に突っ込ませ、ボールを正面で捕るように指導してあげることです。どんな場合も正面にはいる癖をつけるのは、少年野球の上達のコツです。

繰り返し練習していると、コツが分かって来てショートバウンドの処理が上手くなります。そして、ショートバウンドの処理が上手くなると突っ込みが良くなり、普通のゴロを捕ることも上達します。

また、内野手だけでなく外野手の守備も上達します。少年野球の外野手の守備も軟式ボールがゆえに、ワンバウンドのボールが頭を越すケースが多々あります。そういうフライに対しては、突っ込んでいって処理をする必要があります。

突っ込んだ際にノーバウンドキャッチが間に合わずショートバウンドになってしまうことがあります。その際にショートバウンド処理が役立ちます。

それに内野手も外野手も、ショートバンドで処理ができるようになると守備に余裕が生まれます。思い切ってボールに突っ込んでいけるようになります。「余裕」が生まれ、「突っ込み」が出来ると飛躍的に守備力が向上します。

紹介した練習方法で繰り返しショートバウンドを捕る練習をしてみてください。少年野球の試合でファインプレーが見られますよ。
立花龍司のメジャー流少年野球コーチング(小学生編)
ケガを防ぐ正しいフォームと神経トレ、一流選手になる素養を磨く
rakuten.co.jp