野球用品ベースボールタウン

トップページバッティングの指導方法バントの指導

バッティングの指導方法

少年野球の試合ではバントは重要です。勝ち上がっていく中で1点勝負の試合があります。そういった試合ではバントで進塁させたり、スクイズが決められるチームにはアドバンテージがあります。

強いチームはバントもただバットにボール当てるだけでなく、目的にところにきちんとボールを転がすことが出来ます。構えに入るタイミングの絶妙です。試合巧者になるためにもバントを練習しましょう。

でも、小学生にはきちんと指導をしないとバント練習を疎かにしがちです。「だって、バッティング練習の方が楽しいから・・」といった具合です。

バトンの指導のポイントです。構えは上半身をピッチャーに向けてバットを目の高さへ上げます。この時、バットの先端をストライクゾーンの高めいっぱいに置くように指導します。

少年野球では、ココができていない選手が目に付きます。バントの下手な選手の多くは、ストライクゾーンどころかバッターボックスの自分の体の前にバットを構えます。これではストライクゾーンに来たボールを正確にバントできません。結局、ちょこんとバットを当てに行く出す形になりボールを上げて失敗します。

そして次に指導したい点は、バッターボックスのピッチャー寄りに立つことです。ここでバントすれば打球はフェアゾーンに転がる可能性が高くなります。

指導のポイントをもうひとつ、肘を締めてバントすることです。これも少年野球の選手に多いのでが肘があいてしまいます。バッティングと同じく脇が空いているとキチンとしたバントはできません。

右手でバットの芯の近くを持ち(右打者の場合)、左手でバットのグリップを持ち握ります。右手は親指を上にして他の指でバットを支えます。この時に手首、肩、肘の力を抜いてリラックスした構えをするように指導します。

練習方法として、ただバットするだけでなく、的を置いてそこへ転がす練習を繰り返し行ないます。はじめはハーフスピードのボールを、徐々に早いボールもバントできるようにしましょう。
立花龍司のメジャー流少年野球コーチング(小学生編)
ケガを防ぐ正しいフォームと神経トレ、一流選手になる素養を磨く
rakuten.co.jp