野球用品ベースボールタウン

トップページ少年野球(軟式)の指導コントロールを良くする指導のポイント

少年野球(軟式)の指導

少年野球の試合で負けてしまう要因の1つにファーボールがあります。今回はそのファーボールの話です。少年野球の場合は、ストライクが入っていればピッチャーが大きく崩れることはあまりありません。ストライクを先行させていけば、バッティングの方もそんなに連打はできません。凡打が出て攻撃が途切れます。でも、ピッチャーのコントロールを良くするのはなかなか難しいところ。コントロールを良くする指導のポイントを挙げます。

【1】キャッチャーミットをしかっりと見る
コントロールを良くしたいのであれば、しっかりと投げたいところを見ることです。目標物を見ることで、無意識のレベルで「どのくらいの力、どこでボールを離すか?」頭の中で自動計算をしてくれます。

【2】正しい腕も振り、正しい体の使い方を覚える
内角を狙えばボールは内角に行きます。外角を狙えボールは外角に行きます。ボールに意識あって、内角に投げたボールが勝手に外角に行くことはありません。内角に投げたつもりが外角に行ってしまうということは、外角に行ってしまう腕の振りや体の使い方をしているということです。正しいピッチングフォームになるように繰り返しシャドウピッチングをしましょう。

【3】力まずに8分の力で投げる
力の入れ過ぎもコントロールを悪くします。思いっきり投げようとすれば一箇所に力が入ってしまってフォームのバランスを崩します。その結果、思ったところにボールが行きません。8分くらいの力で力まずに投げるように指導します。

【4】リリースポイントを一定にさせる。
ボールが高く行ったり、低く行ったり、内角に行ったり、外角に行ったりするのはリリースポイントが一定していないからです。だからと言ってリリースポイントを意識し過ぎるとピッチングフォームのバランスが崩れます。連動した投球フォームの中で一定のリリースができるように繰り返し練習をさせます。
立花龍司のメジャー流少年野球コーチング(小学生編)
ケガを防ぐ正しいフォームと神経トレ、一流選手になる素養を磨く
rakuten.co.jp