野球用品ベースボールタウン

トップページバッティングの指導方法フォロースルー

バッティングの指導方法

インパクトのあと両腕を前に伸ばし、それまで上に向いていた右の手の手の平を鋭く返し、その腕を首に巻きつけるようにバットを後ろから大きく振り上げることを「フォロースルー」といいます。このフォロースルーを大きくとることで、ボールを遠くへ飛ばすことが出来ます。

■フォロースルーを大きくする練習方法
フォロースルーを大きくするには、ロングティーで「打球を遠くへ飛ばすにはフォロースルーがいかに大事か」ということを身を持って体験させてることです。しっかりと腰を回転させ、両腕を伸ばし、大きなフォロースルーが取れるまで1球1球ゆっくりとトスアップしてバッティング練習をさせます。

■重いバットで素振りをした方が効果的か?
小学生のうちからマスコットバットのような重いバットで素振りをしていると、場合によってはスイングスピードが鈍ることがあります。、また後ろ方が下がりバットが遠回りするような「ドアスイング」の癖が付くことがあります。少年野球では、やや軽めのバットで素振りの数をこなした方がフォームもスイングスピードも身に付けることが出来ます。軽いバットで自分の納得のいくスイングをし、フォロースルーも含めてフォームを固めましょう。
立花龍司のメジャー流少年野球コーチング(小学生編)
ケガを防ぐ正しいフォームと神経トレ、一流選手になる素養を磨く
rakuten.co.jp