野球用品ベースボールタウン

トップページ少年野球(軟式)の指導キャッチボールのフットワーク

少年野球(軟式)の指導

キャッチボールのフットワークについてです。キャッチボールは野球の基本です。このキャッチボールを土台に野球の技術がのっていきますので、きちんとした投げ方やフットワークを指導しましょう。キャッチボールは、いつも捕りやすいボールが来るというわけでありません。ただ突っ立って構いていたのでボールが逸れた時に捕ることができません。どんなボールが来ても捕れるようにフットワークを使って捕るようにしましょう。また、フットワークを使うことで返球も上手くいくようになります。

ポイントは「歩くような感覚でキャッチボールをする。」と言います。ボールが来た時にボールの来た方向に左足(右利きの選手の場合。左利きの選手は右足。以下右利き選手と逆。)を一歩前に踏み出しながら捕球します。ボールを捕ったら前に出した左足(右利きの選手の場合)を右足で追い越し、返球する方向に直角に踏み出します。この右足がボールを投げる際の軸足となります。この時に軸足を返球方向に直角にし、きちんと立つことでコントロールの良いボールを投げることが出来ます。次に今度は左足のつま先(右利きの選手の場合)を投げる方向に真っすぐに踏み出します。あとは踏み出した足に体重をのせながら腕を正しい振り出し位置から振ります。正しいフットワークをしっかり練習をしましょう。

立花龍司のメジャー流少年野球コーチング(小学生編)
ケガを防ぐ正しいフォームと神経トレ、一流選手になる素養を磨く
rakuten.co.jp