野球用品ベースボールタウン

トップページピッチングと守備の指導方法少年野球のピッチングの基本

ピッチングと守備の指導方法

キャッチボールの基本が身につき、肘の使い方をはじめ体の使い方がマスターできたら、ピッチング練習を始めても良いかも知れません。まず、ピッチング練習を始める前にチャックして頂きたいことがあります。ボールを投げる際、腕をテイクバックしたときの肘の位置です。ホームベースとセカンドベースを結んだ直線があるとして、テイクバックした際に左の肩、右の肩、利き腕の肘が直線上にあり、同じ高さになるようなテイクバックが出来ているかどうかを確認します。テイクバックの位置がずれているのにピッチング練習を開始すると故障の原因になります。必ず正しい腕の使い方、体重移動ができるようになってからピッチング練習を開始しましょう。

大リーグのピッチャーは少年野球の時期に「立つ」練習を繰り返しすると聞きます。ピッチングはしっかりと立つことから始まります。しかっりと立つための練習方法を紹介します。子供はすぐにボールを投げたがりますが、ここでしっかりと基本を身につけた方が上達の近道です。まずは「立つ」練習です。セットポジションの方が立つ感覚が身に付きます。まず軸足の裏全体で地面にしかっりと付けます。足の裏から地球の中心に根が生えているイメージをつくり、しっかりと立ちます。次にステップする足を上げて、軸足1本でバランスよくしかっりと立ちます。ステップした足を上げた時、軸足の膝が折れないこと、軸足のかかとやつま先に重心が偏らないように足の裏全体に体重をかかっていること、足を上げた際に頭が動かないことを確認します。しっかりバランスよく立てたら上げた足を下ろします。これを繰り替えし上手く立てるようになるまで行ないます。少年野球ではステップする足を上げた際に、二塁方向に倒れてしまう場合が多いようです。そこに注意します。地味な練習ですが、これをマスターすると物凄いピッチャーになりますよ!エースへの第一歩です。
立花龍司のメジャー流少年野球コーチング(小学生編)
ケガを防ぐ正しいフォームと神経トレ、一流選手になる素養を磨く
rakuten.co.jp