野球用品ベースボールタウン

トップページピッチングと守備の指導方法ジャイロボールの投げ方/立つ

ピッチングと守備の指導方法

プロ野球の世界では松坂投手のジャイロボールがメジャーリーグで通用するかなど話題です。まだまだ未知の部分を持つ魔球ですが情報も増えてきており、今の少年野球の選手が甲子園に行くことには、ジャイロボールを投げる投手も増えてくるような予感がします。バックスピンの強烈に掛かった速球投手対ジャイロボーラー投手の対決など実現するかも!

というわけで、うち少年野球チームのピッチャーも将来の甲子園球児を目指して、ジャイロボールを投げるピッチャーになるために基本練習を重ねています。ジャイロボールを投げるには、まず地球からエネルギーを貰いしっかりと立つこと。地面を掴んで離さない強靭な下半身が必要とされています。地球の物体にはみな重力が働き、立っているだけで地面から反力を貰うことになります。反力は体の重みに対する反作用のことで、この力をボールを投げるために利用したいところです。この反力のエネルギーをロス無く使うことで効率の高いピッチングができます。この反力を活かすも殺すも、マウンドでの立ち方で決まる。松坂投手をはじめ大投手は、素人が見ても立ち方が違います。ジャイロボール投げ方の第一歩は地球に根を生やしたようにどっしりとマウンドに立つことのようです。 地球のエネルギーを最大限利用できる立ち方が、ジャイロボールの投げ方の第一歩の様子。少年野球から夢の舞台へ!
立花龍司のメジャー流少年野球コーチング(小学生編)
ケガを防ぐ正しいフォームと神経トレ、一流選手になる素養を磨く
rakuten.co.jp