野球用品ベースボールタウン

トップページピッチングと守備の指導方法ジャイロボールの投げ方/根はり

ピッチングと守備の指導方法

前回の続き、ジャイロボールを投げるためには、ダブルスピン投法といわれる投げ方が必要といわれています。ジャイロボールはカーブやシュートといった他の変化球と違って、体全体の使い方により螺旋回転が生まれるストレートのようです。

「しかっりと立つこと」と同時に、「軸足の裏から根が地中深くまで生えていること」をイメージする根はりが必要とされています。そして、地中深く根を生やしたいのであれば、まっすぐ立ってもいけない。やじろべいのバランスを考えれば分かるように、やじろべいは脚が一本しかないので、まっすぐに立ってもバランスが保てる。しかし、人間には脚が2本あるので、やじろべいのように後ろ足をまっすぐに伸ばし、その上の胴体も背筋もピっと伸ばしたのでは、前の足を引き上げるとその重さ分だけホームベースよりに傾いてしまうことになります。

丁度、カナカナの「ト」の字のようになりバランスが悪い。実際にまっすぐに立ったまま足をあげるようとすると、そのバランスの悪さをカバーする為に、つま先で踏ん張って倒れそうになるのを我慢するしかありません。「ト」の字型の体勢でつま先で踏ん張ってバランスをとることになると、次のホームベース方向への並進運動が右投手ならサード方向へ、左投手ならファースト方向へ進みやすくなります。これではジャイロボールを投げるためのファーストスピンが実現できないとされます 。ねじれが生まれない。ピッッチングで立つには、足の裏全体でバランスよく立つ、しっかりとした根はりが必要!
立花龍司のメジャー流少年野球コーチング(小学生編)
ケガを防ぐ正しいフォームと神経トレ、一流選手になる素養を磨く
rakuten.co.jp