野球用品ベースボールタウン

トップページ>>少年野球のセーフティーリードの指導方法

少年野球ではセーフティーリードのとり方が大切です。試合の勝敗に大きく影響します。セーフティーリードというのは、ピッチャーにけん制球を投げられても帰塁できる安全圏内のリードを言います。人によって個人差がありますが、距離の目安を見付ける方法を教えます。一塁ベースからセカンド方向に手を伸ばして寝てみます。そして、手を伸ばした位置に印を付けて立ち上がります。その印から2歩セカンド方向へ進んだところが、その選手のセーフティーリードの目安です。試して見てもらえれば分かりますが、ピッチャーがけん制動作に入ったら、1歩、2歩、頭からヘッドスライディングで一塁に帰ると丁度この距離が適当です。ピッチャーのけん制の上手、下手やグランドコンディションなども考慮して、その日のセーフティーリードの距離を決めます。リードのタイミングは、ピッチャーがセットポジションに入る前にスーッとセーフティーリードをとります。逆をつかれてけん制球でアウトにならないように足をクロスさせるようにして、(すぐに戻れる体制で)リードに入ります。両足のサイドステップを使ってしますと、ステップのジャンプのタイミングの時に、けん制球を受けると素早くも戻ることができませんので注意しましょう。クロスステップでリードへ入れるように指導します。そして、リードをとったらボールから目を離してはいけません。ピッチャーのグラブにボールが入っている時は、そのグラブを見つめます。最後になぜ少年野球ではこのリードが大切か?を話します。少年野球では、二塁はの盗塁はもちろん、三塁への盗塁へのチャンスも多くあります。それから、ピッチャーのパスボールでホームへ突っ込むケースも意外と多くあります。その際のきわどいタイミングになった場合、このセーフティーリードがとれているか、いないかでセーフかアウトが分かれます。それは試合の流れに大きく影響するプレーばかりだからです。(セカンドリードも同様に起因します。別途説明)
立花龍司のメジャー流少年野球コーチング(小学生編)
ケガを防ぐ正しいフォームと神経トレ、一流選手になる素養を磨く
rakuten.co.jp