野球用品ベースボールタウン

トップページ少年野球(軟式)の指導オーバーラン

少年野球(軟式)の指導

内野を抜くゴロ、外野へのフライなど外野への打球を打ったら一塁ベースをオーバーランして二塁を狙います。オーバーランは、一塁ベースの3メートル手前位からふくらみを付け、スピードを落とさずに一塁ベースを踏んで二塁ベースへ向かいます。このときに、ベースのピッチャー側の隅を左足で踏むと鋭い角度で、スピードののった走塁ができます。但し、歩幅が合わない場合は、無理して左足で踏むのではなく右足でも良いです。また、打球の飛んだ方向によりオーバーランのやり方が違います。一塁ベースをまわって二塁に向かう時、打球が外野を抜けた場合は、そのまま一気に二塁まで走れば良いのですが、外野手が打球に追いついたら、そこで立ち止まります。その場合、レフト方向への打球は、右肩を二塁に向けて止まります。センター方向への打球は左肩を二塁に向けた止まります。そして、ライト方向の打球についてです。少年野球の場合、塁間が短い分、ライトの守備位置の浅く、ライト前のヒット性の打球でも、ライトゴロになる場合があります。ライト前に打球が転がった場合は、全力で一塁ベースを駆け抜けます。そしてライトの後方へ打球が抜けたら、素早く二塁へ向かい、捕球されたらそのまま走り抜けましょう。

この次の塁を狙い姿勢とオーバーランの大きさは大切です。特に少年野球の場合は、外野がお手玉するケース、中継が乱れることも時折あります。そのときには、次の塁を狙います。
立花龍司のメジャー流少年野球コーチング(小学生編)
ケガを防ぐ正しいフォームと神経トレ、一流選手になる素養を磨く
rakuten.co.jp