野球用品ベースボールタウン

トップページバッティングの指導方法バッティングの構え

バッティングの指導方法

少年野球でも、バッターボックスに入った後、多くの選手が大きな声をピッチャー向けて発し、気合いを入れます。「いくぜー!」「オーッ!!」。色々な気合の入れ方があるようです。まずは、大きな声を出してピッチャーへ向かっていく闘志を持ちましょう。野球を始めた低学年では声の出ない選手もいます。でも「スポーツ」と「気」は切っても切れない関係があります。指導者としても、闘志を持ち表すことを練習の中で指導します。お腹から声を出すことです。

次に、バッティングの構え方です。バッティングの構え方です。ピッチャーに対して構えるとき、闘志は満々でも、身体は常にリラックスして状態でなければなりません。ボールを待っている間は常に、自然体であるべきです。身体のどの部分にも力みがない状態にして構えることが大切です。すんなり構えることで、スイングがスムーズに動作し、インパクトの瞬間にフルパワーを注ぎ込めるようになります。右バッターの場合は、主として左手でグリップを握り、右手は添えだけの感覚でバットを持ちます。腕や肩に力を入れないことが大切です。これは、両膝をやや曲げてリラックスして立つことで連動します。ウェイトを下方にすべて任せる感覚で左右の足に4分6分(右バッター)でゆったりと構えます。スクエアスタンスであれば、身体はホームプレートと平行に保ち、あごを引いて、顔をピッチャーが見えるように立ちます。全ての運動が始める前には、筋肉をリラックスさせておくのが基本です。少年野球ではちょっと力みすぎの選手が目だちます。練習の中で、自分がリラックスできる方法を見つけましょう。リレックスできる方法として、深呼吸や肩や首を軽く動かしたり、バッターボックスに入る前に軽く屈伸運動するなど個性に合えせて、色々試してみましょう。
立花龍司のメジャー流少年野球コーチング(小学生編)
ケガを防ぐ正しいフォームと神経トレ、一流選手になる素養を磨く
rakuten.co.jp