野球用品ベースボールタウン

トップページバッティングの指導方法トップの位置

バッティングの指導方法

バッティングは相手ピッチャーの投球動作に合わせてバットをトップの位置の持っていきます。トップの位置をキチンと決めておくことが好打者の条件です。バックスイングの最終点であるトップはバットを振り出すスタート地点です。トップの位置は、もうそれ以上後ろに引っ張れないという地点にすべきです、少年野球で打てない選手は、キチンとトップの位置がつくれなかったり、トップの位置にバット持っていくのが遅い子供が目立ちます。相手ピッチャーの投球動作に合わせてバットを引くのではなく、来たボールに対してバットを引いてしまいます。これではスピードボールには遅れてしまいます。ナイスバッティングにはなりません。バットを引くタイミングに個人がありますが、一般的には、ピッチャーが足と上げて溜めをつくる時がバットを引くタイミングです。そのタイミングに遅れると、トップの位置が浅くなり、振り出すときにもう一度バットを後方に引いたり、そのまま振りにいって力のないスイングになってしまいます。理想的なトップの位置まで、投球動作に合わせてバットを引けば、そこから余分な力を使わずに、すばやくスムーズにピッチャーの投球に反応できるはずです。トップの位置とそこはもっていくタイミングは、バッティングの大切なポイントです。少年野球でも、ここを矯正するよう指導するだけで、かなりバッティングが向上するはずです。練習方法は、まずはボールを使わずにピッチャーのシャドウピッチィングに合わせて、バットを引きスイングをします。その後、実践式で実際にピッチャーの投げるボールを打ってみましょう。
立花龍司のメジャー流少年野球コーチング(小学生編)
ケガを防ぐ正しいフォームと神経トレ、一流選手になる素養を磨く
rakuten.co.jp