野球用品ベースボールタウン

トップページバッティングの指導方法リキみは最大の敵

バッティングの指導方法

『ど真ん中の絶好球』空振りしたり、打ち損じた経験はありませんか?遊びでも野球をやったことのあるお父さんであれば、覚えがあると思います。少年野球の選手の中で、比較的バッティングが上手な選手に多いかもしれません。ボールカウントが0-2、1-2などバッティングカウントになった時に、ど真ん中のストレートが来たとします。「よし!貰った!」とリキんでしまい、空振りや凡打になっていますようなケースです。少年野球の試合でも、バッターボックスで無理に強振し、監督やコーチなど指導者から「力むな!」とアドバイスされる光景を良く見掛けます。野球に限らず、スポーツでは力むと良い結果は生まれません。力むとは、余分な力が入っている状態をいいます。

バッティングでは、ボールを捉えるインパクトの瞬間に力を集中させる必要があります。そのためにはインパクト前に余分な力を入れないことが大切。バッターボックスに入り構えている時に、トップに入った時に、スイング時に、身体のどこにも力みがなければインパクトの瞬間に全ての力を集中することができます。特に、グリップや腕や肩に力が入った状態で構えたり、バックスイングすると、上半身だけのスイングになります。肝心の下半身がぐらついて、腰のリードと回転がなくなり、スピードのないスウィングになりがちです。スイング軌道が遠回りしたり、波打つようになってしまいます。ウェイトを軸足に乗せてトップに持っていき、リラックスしてボールをもつことを習慣づけましょう。力みをなくし、リラックスする1つの方法として、バットを構える前に複式呼吸をしたり、肩を軽く上下させ力を抜いてみると良いと思います。地球の重力にいったん身体を任せ、リラックスし、深呼吸をします。その他にも、自分なりにリラックスできる方法を練習の中で見つけておくと良いです。バッティングには、リキみが最大の敵です。ヒットを打ちたければ、まずはリラックスすることです。

立花龍司のメジャー流少年野球コーチング(小学生編)
ケガを防ぐ正しいフォームと神経トレ、一流選手になる素養を磨く
rakuten.co.jp