野球用品ベースボールタウン

トップページバッティングの指導方法バッティングの予備動作

バッティングの指導方法

バッティングの構えからスウィングに入るまでの間、完全に静止していることはありません。ピッチャーによっては投球動作に入るまでの間が長かったり、ゆったりしたフォームをとる人がいますが、その間のバッターとして静止したままというわけには行きません。静止の時間が長いと、逆に筋肉を硬くする恐れがあります。そこで必要なのが、筋肉をリラックスさせておくことが必要です。そのために小刻みな動きをしたり、肩をゆすったり、バットを持つ手や腕をゆすって筋肉をほぐす動きをすることが大切です。この動きが次の運動であるバットスイングを円滑にします。筋肉に次の動きを予告しておくわけです。ステップする足を小刻みに動かすのも同じことですが、このスイングへの小さな予備動作は、同時にピッチャーのモーションとのタイミングを合わせる意味も含まれています。少年野球の憧れのプロ野球選手でも、小久保裕紀選手、高橋由伸選手、小笠原道大選手など、皆リラックスできるバッティングフォームを取り入れています。

「どんな動きをすれば良いか?」

自分に合った予備動作を見付ける方法は特にありませんので、自分なりに練習の中で見つけるようにします。ただ、少年野球の場合、予備動作を取り入れることにより、バッティングフォームを崩すことのないように、構えの基本を崩さないように指導が必要です。
立花龍司のメジャー流少年野球コーチング(小学生編)
ケガを防ぐ正しいフォームと神経トレ、一流選手になる素養を磨く
rakuten.co.jp