野球用品ベースボールタウン

トップページバッティングの指導方法バックスウィング完了のタイミング

バッティングの指導方法

バッティングは、ピッチャーが投球モーションに合わせてバットを引きバックスウィングに入ります。腰を後方にひねりながら、肩をまわしてバットを立てぎみにします。この時点でウエイトがうしろ足(右バッターであれば右足)に移っていなければなりません。両膝はやや曲げ気味に保っていますが、右膝に十分ウェイトを掛けるようにします。構えからバックスティングまでの動きが大きすぎると、切り返しに無理が出てきてしまい、バットスウィングが不安定になりがちです。なるべく小さくスムーズにボールへ向かうスウィングへと移れるようなバックスウィングの大きさを自分で見つけます。

またバックスウィングはタイミングも大切です。ピッチャーがボールを離す瞬間にバックスウィングを終えていなければなりません。それより早いと、打ちにいくスウィングがスムーズににいかず、遅いと振り遅れたり、不十分なスウィングになります。タイミングの取り方を1打1打チェックしながらピッチャーの投げるボールを打ってみましょう。特にピッチャーからボールが離れる瞬間を確認しながらバッティング練習をしてみましょう。ボールを見る集中力も付きますし、タイミングの取り方も上達します。
立花龍司のメジャー流少年野球コーチング(小学生編)
ケガを防ぐ正しいフォームと神経トレ、一流選手になる素養を磨く
rakuten.co.jp