野球用品ベースボールタウン

トップページ少年野球の練習方法ストライクが取れる練習方法

少年野球の練習方法

少年野球では、多くのピッチャーは打たれてノックアウトを食らうより、四球で苦境に陥る場合が多いと思います。(少年野球だけでなく、野球全般にいえることかも)。ボールが専攻する場合とは、投げたストーレートが思うようにストライクゾーンに入らない状況になってしまうことです。こんな状態の時に、監督、コーチ、あるいはお父さんは、「ボールをもっと抑えろ」のようなジェスチャーをしたりします。しかし、本来ピッチャーは、ボールを投げる際、ボールを離す位置を日頃の投球練習で、「この辺りでボールを離せば・・」など深く考えて投げているピッチャーが少ないはずです。少年野球の指導を始めたことは、ピッチャーのコントロールが悪くなると、"ボールを離す位置"を修正するように言ったこともありますが、でも、これはよくない指導ということに気付きました。最近はピッチャーの制球が乱れたときは、あえて"四球"に意識がいくような発言はさけることだけを注意しています。少年野球では精神的な要素が多いですから。

そして、苦境の場面でもストライクが取れるように、普段の投球練習中に同じような場面の体験させてしまいます。練習方法としては、走者が1塁、あるいは2塁という想定の中(子供にその状況をイメージをさせて)投球練習をします。ボールカウントを取りながら投げさせます。そして、時には2-3のカウントの場合のみを続けて練習させます。ランナーがいても、あるいはカウントが悪くなっても、"四球"を気にしないで投げぬく投球練習です。通常の投球練習とイメージトレーニングを合わせて行ないます。ランナーが出れば必然とそちらに気が取られます。ですから、普段の投球練習の中で、首を動かしランナーを目で牽制させます。(ランナーがいることをイメージせて目で牽制をさせます)ランナーをしっかり目で牽制してから、ホームベースへ顔を向けて、ボールを投げ、ストライクを取る練習を何度も繰り返します。

2-3を想定した場合は、一旦マウンドは離れたり、深呼吸をしたり、軽く手を回したりし、ひと呼吸間を取る練習を普段から行ないます。そして、投げる際には”四球”を出すことを考えずに、普段の投球と同じように自然なかたちで、ミットだけを見て投げる練習をします。少年野球では、ストライクを取らなければならないと強く意識し過ぎれば、ボールを置きに行く傾向があります。ストラークが入らなくなれば、「ボールを離す位置が悪いのでは」など体の使い方を気にし始めてしまいます。それが、返って逆効果。そうならないように、どんな状況でも、普段と同じリズムで、普段と同じフォームで、キャッチャーのミットだけを見て投げる練習を普段から繰り返し体験させます。すると、少年野球の実際の試合、走者1,2塁、カウント2-3のような場面でもストラークが取れるピッチャーへと育っていきますよ。ストライークっ!
立花龍司のメジャー流少年野球コーチング(小学生編)
ケガを防ぐ正しいフォームと神経トレ、一流選手になる素養を磨く
rakuten.co.jp