野球用品ベースボールタウン

トップページピッチングと守備の指導方法正面でゴロを捕る

ピッチングと守備の指導方法

ゴロを捕球する時には、足を使ってボールの正面に入り、捕球体勢を整えてからボールを捕るのが基本です。しかし、少年野球で見かける悪い捕り方として、正面に余裕をもって入れるようなゴロでも、グラブを嵌めた腕だけを伸ばして捕ろうとする選手がいます。

フットワークをきちんと使ってボールを捕る癖をつけるために、両手を背中で組んで、腕を使えない状態でゴロを捕る練習をしてみましょう。

練習方法として、柔らかめのテニスボールを使います。少し離れた距離からバウンドしたゴロを手で出してあげます。選手は跳んできたゴロを体の正面に当てて、前に落とすようにします。

フットワークが悪いと、ゴロは体の横を通り抜けてしまいます。腕が使えないことで、フットワークを活かして、正面に入ってボールを捕る意識を高めさせます。

ボールの正面に入ったときに、体が斜めになっているとボールがあたった時に、ボールが後ろに逸れてしまいます。ボールの正面にきちんと身体を持ってくるように指導します。

正面に落とせるようになると、もしエラーをした場合でも、体の前にボールを落とし、すぐにボールを拾って送球をすることができるようになります。足を使って体の正面でゴロをとることが身につきます。

少年野球の守備で一番多いのがゴロを処理する場面でです。しっかりとゴロの捕球の基本を身に付けましょう。
少年野球の指導(ゴロ)
立花龍司のメジャー流少年野球コーチング(小学生編)
ケガを防ぐ正しいフォームと神経トレ、一流選手になる素養を磨く
rakuten.co.jp