野球用品ベースボールタウン

トップページバッティングの指導方法2ストライクからのバッティング

バッティングの指導方法

少年野球のバッティングの指導のコツを1つ。2ストライクに追い込まれたら、バットを指1本分短く握るように指導しましょう。この握りだとバットのヘッドが下がりにくくなり、速いボールにも負けないスウィングができます。バットを長く持った時に比べて、バットコントロールが楽になり、バットの先が落ち、大振りをしにくくなります。もちろん練習中にもバットを短く持ちスウィングをし、その感覚を身に付けておくことが必要です。

また、2ストライクに追い込まれたら、「迷わない」「あわてない」ということを教えます。2ストライクを取られると「どうしよう?」と不安になる選手もいるでしょう。次にどんなボールが来るか?、色々と考えてしまう選手もいるでしょう。

しかし、迷ったり、あわててバットを振っても良い結果が出るはずがありません。カウントがどうであっても、ストライクが来たら、思いきってスウィングをするだけです。そのことだけに集中して強気でバッティングができるように、日頃から指導しましょう。三振を怖がっていたらヒットは打てません。

少年野球でも技術練習ばかりするのでなく、日々のバッティング練習を通して、技術面とともに、メンタル面も強化していきましょう。メンタル面を強化する方法として、日頃のバッティング練習の中で、2ストライクを取られたことをイメージさせて、その中で思いきったスウィングができるように、素振りや実際のバッティング練習をさせるようにします。
立花龍司のメジャー流少年野球コーチング(小学生編)
ケガを防ぐ正しいフォームと神経トレ、一流選手になる素養を磨く
rakuten.co.jp