野球用品ベースボールタウン

トップページ少年野球の練習方法外野フライの捕り方

少年野球の練習方法

外野フライの捕球はボールが落ちてくる落下点に素早く入ることが大切です。とは言ってもボールを真下に見なくてはならないような落下点に入ってはいけません。ボールが落ちてきた時に一歩前に出て捕球できる位置に素早く入ることが外野フライを上手に捕るコツです。

捕球する位置はクラブ側の肩の延長線上、つまりに右投げなら左肩の前にクラブを差し出して捕るようにします。顔の前だとボールを見失いがちになります。少年野球の低学年の場合はボールが顔に迫って来る為に、目をつぶったり、顔をそむけたりしてボールを落しがちになります。

また、グローブを早く出しすぎる選手も多いです。グローブを早く出しすぎると、ボールが見えずらいだけでなく、フットワークが止まってしまうので、ボールが落ちてきたタイミングに合わせてグローブが出すように指導します。

はじめは簡単なフライで、グローブを出すのを我慢する練習を繰り返すと良いでしょう。

そして、フライの捕球時に両足を揃えないこと。両足を揃えてしまうと、ボールが風に流されたような場合に足がついていきません。両足を揃えないように指導します。

右投げでしたら左足を1歩前に出すか右足を1歩引いてボールを捕ります。これは次に送球動作にも移りやすく捕球後に後ろの右足を送球方向に直角に向けてステップできるからです。

少年野球の選手の中には外野フライを捕れずに悩んでいる子供が多いと思います。

今あげた注意点、

・落下点の1歩後ろに素早く入り前進しながら捕球する

・左肩の前で捕球する(右利きの場合)

・両足を揃えない

を改善することで大きく上達します。あとはスタートを早く切れるように心掛けることです。スタートを切る練習も繰り返しやりましょう♪

外野フライが苦手であれば、繰り返し練習させます。急に上手になる方法はありせん。上達のチェックポイントを意識させながら、何度も繰り返し練習をさせます。

指導の立場として、少年野球の選手達が、外野フライを捕るコツを掴むまで、待ってあげるくらいの気持ちで丁度よいかもしれません。
立花龍司のメジャー流少年野球コーチング(小学生編)
ケガを防ぐ正しいフォームと神経トレ、一流選手になる素養を磨く
rakuten.co.jp