野球用品ベースボールタウン

トップページバッティングの指導方法バッティングアイの向上

バッティングの指導方法

少年野球の練習
バッティングで凄く大切なもの1つに選球眼があります。すなわち、バッティングアイです。少年野球でもこのバッティングアイが向上すると飛躍的にヒットになる確率が上がります。

素振りやティーバッティングでスイング自体を鍛えるのは必須ですが、スウィングの練習と一緒に、バッティングアイも少しずつ向上させましょう。

ヒットになる確率が高いあまいボールを選ぶこと、ヒットにならない厳しいボールを見送る選別すること、ボール球にはバットを出さないことができるようになると少年野球の試合でのマルチ安打も期待できますよ♪

少年野球では、良いスウィングをしているけど選球眼の悪い選手を見かけます。うちのチームにもいます。せっかく良いスウィングをしているのに
三振ばかりしてくるタイプの選手です。

そういう選手は打席に立つを、初球のボール気味の投球に手を出します。もちろんヒットにはなりません。本人も「ヤバイ!」と思います。

そして次、初球の悪いボールに手を出したことが頭にあり消極的になります。そんな時、今度はど真ん中のボールが来たりします。それを見逃してしまい2ストライクに追い込まれてしまいます。

そして次、ピッチャーはもうボール球勝負です。バッターは追い込まれているので、そのボール球に手を出して三振。もしくはバットに当てても、ゴロかフライ・・。そんな悪循環のパターンが癖になっている選手がいます。

原因は、そうです。スイングは良いのに選球眼がないのです。だからこの問題を解決するには、バッティングアイの向上を指導する必要があります。

バッティングアイを向上させつ練習方法はいくつもありますが、1つ紹介します。それはバント練習の応用です。

お父さんがピッチャー役になり、ある程度スピードのあるボールを投げます。子供はそれをバントします。バントもただバントするのではなく、まずは、"ど真ん中バント"をさせます。

ど真ん中の投球に対してだけバントするように指導します。それ以外の投球に対してはバットを引きます。

次に、"ストライクバント"の練習をします。ストライクの投球に対してのみバントをし、それ以外のボールは見逃すように指導します。

この"ど真ん中バント"と"ストライクバント"を繰り返し練習し、精度を上げていきます。繰り返し練習していると、徐々に選球眼がついてきます。

バッティングアイの向上にトライしてみてください。
立花龍司のメジャー流少年野球コーチング(小学生編)
ケガを防ぐ正しいフォームと神経トレ、一流選手になる素養を磨く
rakuten.co.jp