野球用品ベースボールタウン

トップページ少年野球(軟式)の指導少年野球(軟式)の指導

少年野球(軟式)の指導

少年野球の上達法

少年野球(軟式)の指導、練習方法、レベルアップのコツを紹介します。
子供と一緒に野球を楽しもう!!


私の息子は小学校の3年生の時に地元の軟式の少年野球チームに入団しました。入団後暫くして練習を覗きにいった時のことです。外野を守り、コーチからノックを受けていました。外野フライがくればバンザーイ!ゴロがくればトンネルでした。


「こりゃー、駄目だ・・」


そんな状態だったので、息子は少年野球チームの練習から帰って来るなり、「お父さん〜、野球教えて・・」と言ってきたのです。うちの息子は同学年の子に比べたら入団が遅かったので、「土日にちょっとキャッチボールなどくらいではレギュラーはなれないな」とその時思いました。


そこで私は息子へ「お前、本当に野球が上手くなりたいか?」と聞きました。上手く成りたいなら「お父さんと朝1時間早くを来て毎日練習しよう!」と言いました。


息子は「うん!」と頷き、それから親子二人三脚で軟式少年野球への挑戦がはじまりました。


何事も一足飛びに上達するものはありません。野球も勉強も同じです。イチロー選手のように毎日コツコツと練習を積み重ねるしかありません。


少年野球が上達するようにDVDや本を見てたり、プロが教える野球教室に参加し勉強しました。そして練習メニューを決め、基本を中心に毎朝繰り返しやりました。


もうじき朝練を始めてから3年になります。今年、息子は小学校の6年生になります。フライもゴロも捕れなかった息子は、少年野球チームのエースになりました。昨年は5年生エースで6年生相手に3位に入賞しました。今年は背番号「1」を背負い、優勝目指して勝負の年です。そして毎日楽しく野球をしています。


3年間を振り返って思うのは、野球の練習を通して子供とコニュニケーションが取れて良かったと思います。もし少年野球がなければ会社の残業で疲れて帰って来て、朝はぎりぎりまで寝ていて会社に出勤するような生活でした。そのまま行けば、子供は中学に行き、自分の経験から言うと中学生になると親とは口を利こうとしません。「うざい・・」でお終いです。


そうなる前に、
・コツコツとやりぬくこと
・チームワークのこと
・積極性
・強さ
など人生に必要な色々なことを子供と話が出来ました。


「たかが少年野球、されど少年野球」かもしれません。でも優勝目指して進む中、指導や練習を通しての色々な出来事がおきます。時には壁もあります。でも壁を乗り越えるたびに子供の親も成長します。


そして試合、子供達はプロ野球顔負けの名プレーを魅せてくれます。その魅力を引かれて優勝目指し子供と頑張っています。





立花龍司のメジャー流少年野球コーチング(小学生編)
ケガを防ぐ正しいフォームと神経トレ、一流選手になる素養を磨く
rakuten.co.jp


この記事へのコメント
1. コウパパ   2008年12月03日 10:25
5 初めまして…我が家には小4の息子がおります。なかなか野球が進歩せず…今更ながら、『少年野球 練習メニュー』と検索し このブログに出会いました!
指導法などなど、参考にさせていただきます。
毎朝の基本練習、早速続けたいと思います。
続ければ我が家も凄く良い親子関係が築け息子も上手くなれると思います!ついでに自分のメタボも…(笑;)本当に ありがとうございました!
まだまだ色々参考にさせて頂きます。