野球用品ベースボールタウン

トップページバッティングの指導方法バッティンのコツを掴む練習方法

バッティングの指導方法

オススメのバッティング練習方法を1つ。少年野球をはじめた子供にボールを打つコツを掴ませるのが狙いです。

それは、スタンドティーを使う方法です。野球を始めた頃の少年野球の選手には、トスでバットを振らせるよりも効果的のように思います。腕伸びきる一番力の伝わりやすい場所にスタンドティーを立てて、打ち込みます。高さは始めは、ベルト付近でもどこでも構いません。

一般的はトスの場合を考えてみると、指導者が正確に投げようとしても、一定したボールを投げることがなかなかできないものです。野球を始めたばかりの子供は、正確なスイングを覚えることができません。スタンドティーを使えば一定の高さを保つことができます。ボールへ一番力が伝わるポイントで繰り返しボールを打つと、それを体が覚えることができます。バッティングの基礎づくりには、スタンドティーを使った方が効果がありますよ。



立花龍司のメジャー流少年野球コーチング(小学生編)
ケガを防ぐ正しいフォームと神経トレ、一流選手になる素養を磨く
rakuten.co.jp