野球用品ベースボールタウン

トップページバッティングの指導方法ラミネス(巨人)のゲッツ

バッティングの指導方法

子供やファンを楽しませるプロ野球選手というと、
巨人のラミネスが一番始めに思い浮かぶ。

ラミネスのゲッツをはじめ、
パフォーマンスは最高♪

それに実力もあるところがいいね。
外の球団から巨人へ移籍すると活躍しない選手が多かったが、
ラミネスはホームランを打つものな。

そのラミネス選手がバッティング上達法で心掛けるポイントを語る。
「どんな練習でも自分のヒットポイントを想定しながらやることが大事」と。

コースは内角、真ん中、外角の3つ。
打つポイントはそれぞれ違うが、
この3つを全部同じスイングで打つことが大切とか。

逆方向へ打つ際には、ステイバックを長めに取るだけでいい。
そうすれば、逆方向へも力強い打球が打てるという。
因みに一番練習をしないとならないのは外角ですって。

ラミネス選手、
勉強になりました♪



立花龍司のメジャー流少年野球コーチング(小学生編)
ケガを防ぐ正しいフォームと神経トレ、一流選手になる素養を磨く
rakuten.co.jp