野球用品ベースボールタウン
立花龍司のメジャー流少年野球コーチング(小学生編)
ケガを防ぐ正しいフォームと神経トレ、一流選手になる素養を磨く
rakuten.co.jp


バッティングの指導方法

少年野球の選手の場合、ピッチャーの投球が低めに来ると、そのボールに合わせて膝を曲げて姿勢を低くする選手を多く見かけます。

膝を曲げると体が突っ込み「泳ぐ」形になり、力強い打球は打てません。

インコース低めへの投球の打ち方としては、膝を曲げずにしっかりと伸ばして壁をつくった状態でバットを振りぬけば、下半身のパワーが伝わり力強い打球を飛ばすことができます。

また足元の低い投球に対して、上からたたいたり水平にスイングすることは難しいので、アッパースイングでバットを振り抜くように指導します。

膝を伸ばしたまま、充分にボールを引き付けてバットを下から振り抜きます。

インコース低めへのボールを打つバッティングの練習方法としては、ティーバッティングで前えの突っ込みを矯正します。コーチが後ろからボールを出します。後ろから来たボールを打つ練習は、自然に軸足の重心がのり、体を捻る形になり前への突っ込みを止めてくれます。きちんとステップして打つように指導しましょう。

このようにバッティングの基本が出来たら、コース別にティーバッティングの練習をするとレベルアップができます。

ただバットを振るのでなく、あくまでも練習の目的を少年野球の子供達に説明してからバッティング練習をしましょう。

前回インコース高めへの投球に対するバッティングの指導と練習方法を紹介しまいsた。少年野球の場合、低めにコントロールできるピッチャーは比較的少ないと思います。

反面、真ん中、高めへの投球は多いと思いますので、甘いボールを確実にヒットするように練習をしましょう。

アウトコース高めへの投球は、内角高めに比べると、ボールが見やすくバットも出しやすいとこがあります。しかし、ただ当てるだけのバッティングでは強い打球は打てません。

自分のミーとポイントまでしっかりと呼び込んで体全体を使ってバッティングするように指導します。

体全体を使って打つには、内角高めと同じようにグリップの位置が高くならないように気を付けます。少し肘を折りたたむ感じでバットを出せば、ヘッドが立って力強いバッティングになります。

また高めの投球は低めに比べて打ちやすいため、ついつい思いっきり引っ張りがちですが、無理して引っ張るのではなく、ボールを呼び込んで右バッターは右方向、左バッター左方向へ打つほうが正確にボールをとらえられますし、強い打球が打てます。

あまり高めのボールは飛びます。大振りせずにコンパクトに体をぶつけるようにうちます。長打も狙えます。

インコース高めへの投球は、ピッチャーよりでボールをとらえないと差し込まれてしまいます。前で打つイメージを持つように指導します。

しかし、ミートポイントが前方だからといって、体も前に出てしまうと上手くバッティングができません。

むしろ軸足に重心を残したまま、バットを振り切るくらいの感覚でスイングします。

またボールが高めだからといって、グリップを上げて打つと左脇(右バッターの場合)があき、凡フライの確率が高くなります。グリップを下げバットを立てるイメージで打てば強い打球を打つことができます。

インコース高めへの投球を打つ練習方法としては、ティーバッティングで肘の近くのボールを打つことです。コーチがボールをバッターの肘近くに向けてトスアップし、バッターはそのボールを腕をたたんでミートするようにします。

この練習方法の注意点としては、バッターは決して体を開かずに、窮屈でも腕の折りたたんで、体を回転させて打つように指導することがポイントです。

素振りで体の回転を使い、バットを立てぎみに出すスイングを確認してから、ティーバッティングを練習すると効果的です。

少年野球のバッティングのコツです。今回はホームランを打つコツです。

ホームランのような飛距離のある打球を飛ばすバッティングは、手打ちにならないようにし、軸足に体重をのせて打ちます。

つまりステップした足に体重をかけすぎると、腕だけのスイングになっていまいます。しっかりと軸足(キャッチャーよりの足)に体重をのせてバッティングをする練習をしましょう。

ミートポイントに向けては、腕は最短距離で動きますが、バットのヘッドは遠回りさせた方が遠心力が生まれ大きな当りを打つことができます。

ただ、少年野球の場合は無闇に大振りをする選手がいます。腕の振りは最短距離であるのが指導のポイントです。

ピッチャーの投球したボールが来たら、軸足に体重をのせて体を回転させます。そして、そのまま大きく前に振りぬきます。

インパクトの瞬間はボールを押し込むようなイメージを持ってください。手首を返そうとしがちですが、手首は自然に返ります。

フォロースルーでは、前に大きく振りぬけば手首が自然と返りますので、そのままフォロースルーをとるようにします。

フォロースルーの時にグリップの位置が肩よりも上に来るようにバットを振り上げましょう。

少年野球でも体のあるホームランタイプの選手は、大振りにならないことを注意し、軸足の体重をため豪快なスイングでホームランを狙いましょう。