野球用品ベースボールタウン
立花龍司のメジャー流少年野球コーチング(小学生編)
ケガを防ぐ正しいフォームと神経トレ、一流選手になる素養を磨く
rakuten.co.jp


ピッチングと守備の指導方法

ゴロを捕球する時には、足を使ってボールの正面に入り、捕球体勢を整えてからボールを捕るのが基本です。しかし、少年野球で見かける悪い捕り方として、正面に余裕をもって入れるようなゴロでも、グラブを嵌めた腕だけを伸ばして捕ろうとする選手がいます。

フットワークをきちんと使ってボールを捕る癖をつけるために、両手を背中で組んで、腕を使えない状態でゴロを捕る練習をしてみましょう。

練習方法として、柔らかめのテニスボールを使います。少し離れた距離からバウンドしたゴロを手で出してあげます。選手は跳んできたゴロを体の正面に当てて、前に落とすようにします。

フットワークが悪いと、ゴロは体の横を通り抜けてしまいます。腕が使えないことで、フットワークを活かして、正面に入ってボールを捕る意識を高めさせます。

ボールの正面に入ったときに、体が斜めになっているとボールがあたった時に、ボールが後ろに逸れてしまいます。ボールの正面にきちんと身体を持ってくるように指導します。

正面に落とせるようになると、もしエラーをした場合でも、体の前にボールを落とし、すぐにボールを拾って送球をすることができるようになります。足を使って体の正面でゴロをとることが身につきます。

少年野球の守備で一番多いのがゴロを処理する場面でです。しっかりとゴロの捕球の基本を身に付けましょう。
少年野球の指導(ゴロ)

ジャイロボール投げ方は、根を生やして立ったら、次にエッジを効かせることと言われています。地面に根を生やして立てたら、ヒップファーストで(お尻から)平進移動へ入ります。1stスピンを起こすためのエネルギーを溜めるためです。真っすぐに立った状態から、ホームベース方向へ平進運動が行なわれ、身体を横にずらすことで生まれる移動エネルギーを回転運動、1stスピンへ繋げるものです。そのためには根を生やして立った後ろ足にエッジングを効かせて、地面から受けたエネルギーを全て平進運動に伝えなければなりません。エッジングとはスキーやスケートでよく使う言葉です。スキーでも「エッジを立てろ!」とよくいいます。切れの良いターンをするためにスキー板の内側のエッジを地面に対して鋭くめり込ませる動きです。足の裏の親指からかかとまでの、足の内側の淵のラインを刃に見たたて、その刃を地面にしっかりとくい込ませるようにします。前に紹介した「根はり」「立つ」という動作のあと、エッジを効かせての平進移動の練習を毎日行っています。ジャイロボールを投げる、投げないということよりも、ピッチャーとしてのボールの投げ方の基本を身に付けるためにも大切な練習だと考えて毎日練習をしています。ヒップファーストで始まる平進運動は、少年野球でも丁寧に指導したいところです。練習をしている公園では、まわりの人から不思議に観られることもありますが、将来ジャイローボールを武器に戦う甲子園球児を目指して、1歩1歩を基本練習を積み重ねています。
前回の続き、ジャイロボールを投げるためには、ダブルスピン投法といわれる投げ方が必要といわれています。ジャイロボールはカーブやシュートといった他の変化球と違って、体全体の使い方により螺旋回転が生まれるストレートのようです。

「しかっりと立つこと」と同時に、「軸足の裏から根が地中深くまで生えていること」をイメージする根はりが必要とされています。そして、地中深く根を生やしたいのであれば、まっすぐ立ってもいけない。やじろべいのバランスを考えれば分かるように、やじろべいは脚が一本しかないので、まっすぐに立ってもバランスが保てる。しかし、人間には脚が2本あるので、やじろべいのように後ろ足をまっすぐに伸ばし、その上の胴体も背筋もピっと伸ばしたのでは、前の足を引き上げるとその重さ分だけホームベースよりに傾いてしまうことになります。

丁度、カナカナの「ト」の字のようになりバランスが悪い。実際にまっすぐに立ったまま足をあげるようとすると、そのバランスの悪さをカバーする為に、つま先で踏ん張って倒れそうになるのを我慢するしかありません。「ト」の字型の体勢でつま先で踏ん張ってバランスをとることになると、次のホームベース方向への並進運動が右投手ならサード方向へ、左投手ならファースト方向へ進みやすくなります。これではジャイロボールを投げるためのファーストスピンが実現できないとされます 。ねじれが生まれない。ピッッチングで立つには、足の裏全体でバランスよく立つ、しっかりとした根はりが必要!
プロ野球の世界では松坂投手のジャイロボールがメジャーリーグで通用するかなど話題です。まだまだ未知の部分を持つ魔球ですが情報も増えてきており、今の少年野球の選手が甲子園に行くことには、ジャイロボールを投げる投手も増えてくるような予感がします。バックスピンの強烈に掛かった速球投手対ジャイロボーラー投手の対決など実現するかも!

というわけで、うち少年野球チームのピッチャーも将来の甲子園球児を目指して、ジャイロボールを投げるピッチャーになるために基本練習を重ねています。ジャイロボールを投げるには、まず地球からエネルギーを貰いしっかりと立つこと。地面を掴んで離さない強靭な下半身が必要とされています。地球の物体にはみな重力が働き、立っているだけで地面から反力を貰うことになります。反力は体の重みに対する反作用のことで、この力をボールを投げるために利用したいところです。この反力のエネルギーをロス無く使うことで効率の高いピッチングができます。この反力を活かすも殺すも、マウンドでの立ち方で決まる。松坂投手をはじめ大投手は、素人が見ても立ち方が違います。ジャイロボール投げ方の第一歩は地球に根を生やしたようにどっしりとマウンドに立つことのようです。 地球のエネルギーを最大限利用できる立ち方が、ジャイロボールの投げ方の第一歩の様子。少年野球から夢の舞台へ!
キャッチボールの基本が身につき、肘の使い方をはじめ体の使い方がマスターできたら、ピッチング練習を始めても良いかも知れません。まず、ピッチング練習を始める前にチャックして頂きたいことがあります。ボールを投げる際、腕をテイクバックしたときの肘の位置です。ホームベースとセカンドベースを結んだ直線があるとして、テイクバックした際に左の肩、右の肩、利き腕の肘が直線上にあり、同じ高さになるようなテイクバックが出来ているかどうかを確認します。テイクバックの位置がずれているのにピッチング練習を開始すると故障の原因になります。必ず正しい腕の使い方、体重移動ができるようになってからピッチング練習を開始しましょう。

大リーグのピッチャーは少年野球の時期に「立つ」練習を繰り返しすると聞きます。ピッチングはしっかりと立つことから始まります。しかっりと立つための練習方法を紹介します。子供はすぐにボールを投げたがりますが、ここでしっかりと基本を身につけた方が上達の近道です。まずは「立つ」練習です。セットポジションの方が立つ感覚が身に付きます。まず軸足の裏全体で地面にしかっりと付けます。足の裏から地球の中心に根が生えているイメージをつくり、しっかりと立ちます。次にステップする足を上げて、軸足1本でバランスよくしかっりと立ちます。ステップした足を上げた時、軸足の膝が折れないこと、軸足のかかとやつま先に重心が偏らないように足の裏全体に体重をかかっていること、足を上げた際に頭が動かないことを確認します。しっかりバランスよく立てたら上げた足を下ろします。これを繰り替えし上手く立てるようになるまで行ないます。少年野球ではステップする足を上げた際に、二塁方向に倒れてしまう場合が多いようです。そこに注意します。地味な練習ですが、これをマスターすると物凄いピッチャーになりますよ!エースへの第一歩です。
少年野球で肘を痛めるしまうピッチャーを見かけます。原因の多くは正しい投げ方、即ち、投球技術の基本を身につける以前に練習や試合で全力投球をしてしまうところにあります。いわゆる野球肘になってしまいます。また、小学生は成長期にあるため、骨の成長に筋肉が追いつかず、筋肉の柔軟性が低下することも影響します。投球動作により、肘の内側を引っ張る力、外側に圧迫する力が加わるため、投球動作特有の障害が生じてきます。中には、肘の内側に痛みがある場合、内側の骨が欠けてしまう『剥離骨折』が見られることもあります。また、外側が痛い場合、その部分にある軟骨が影響を受けている障害もあります。痛みを感じるようでしたら、早めに専門医にみてもらいましょう。最近はスポーツ専門の医療機関も増え、保険が効く医療機関もあれば、治療費も安く、専門的な治療や指導が受けられます。

少年野球でのピッチングの練習方法としては、正しい投げ方を先に覚えさせることがポイントです。正しい投げ方を身に付けてから全力投球の数を増やしていきましょう。そうすれば故障を回避でいますし、スピード、コントロール共に向上します。正しい投げ方を身に付けるための練習方法は、タオルを使ったシャドウピッチングが効果的です。横に指導者が着いてフォームをチェックしてあげます。

ピッチャーの投球練習の球数の話ですが、個人差があり、一概に何球とは言えません。日本臨床スポーツ医学会の「小学生の場合、全力投球は1日50球以内、試合を含めて週200球を越えないこと」という提言もあります。指導者と選手が相談して投球数や投球日数を決めていきましょう。
昨年の地元の少年野球の大会の準決勝、結果的に優勝した強いチームと当りました。相手チームのピッチャーはやたら牽制球が上手です。右ピッチャーだったので、ファーストへの牽制は、左ピッチャーのようにトリッキーには出来ないはずなのに、隙を付き素早い牽制球が来ます。まるで頭の後ろに目が付いているようです。

うちのチームが1塁にランナーを出し、セーフティーリードを捕ろうとした瞬間に牽制球が矢のように飛んできます。

なぜ、そんなタイミング良く牽制球が投げられるのか?

理由を発見、キャッチャーです。

キャッチャーがランナーを見ていてリードが大きくなるタイミングでピッチャーにサインを出しています。

ピッチャーの投球に対してミットを構えますが、バッターへ投球させるときは、ミットを開いてホームへ向かって投げさせます。牽制させるときには「ミットを閉じて、ピッチャーに「牽制球を投げろ!」とサインを送っています。

ファーストへの牽制だけでなく、セカンドへの牽制にも使えます。(右投手の場合)少年野球で時折見かけるサインプレーですが、強いチームは色々なサインプレーを使ってきます。

そんなところも試合の見所といえるでしょう。良く練習していますよ!
♪思い込んだら試練の道を〜

『巨人の星』のテーマソングです。アニメの中で星飛雄馬が投げる大リーグボール2号こと、消える魔球。私たちが子供の頃、『魔球』には憧れました。

現在の人気アニメはNHKで放送されたいる『メジャー』。主人公、茂野吾朗の投げるのはジャイロボール。普通のストレートと回転が違いピストルの弾丸のような回転で飛んでくる目茶早い威力満点のボールです。

最近はプロ野球界で騒がれていて松坂大輔(レッドソックス)、渡辺俊介(千葉ロッテ)が投げることで有名になりました。

この『ジャイロボール』という魔球、少年野球の子供達の憧れのボールです。そして、現実にトレーニングを積めば投げられる魔球です。

軟式少年野球のコーチをしていますが、将来、ジャイロボールを投げるような選手を育ってて、甲子園で活躍する姿を見たいという夢を持っています。

さて、このジャイロボールは4シーム(通常の握り)と2シーム(縫い目に沿うように指を掛ける握り)があります。

4シームは初速と終速の差が殆どない為、ボールが浮き上がってくるように見えると言われています。2シームは空気抵抗が大きい為、バッターの手元で落ちたい揺れたりすると言われています。

少年野球の場合ジャイロボールとまではいかないまでも、4シームと2シームの使い分けはありだと思います。

カーブなどの変化球が少年野球では禁止されています。だからストレートの握りを換えて緩急を付けてバッターのタイミングを外すピッチング技術を身に付けたいものです。

ピッチングの基本を身につけたピッチャーには、バッターのタイミングを外す投球を指導したいと思っています。

ジャイロボールの投げ方の基本はうねり投法です。ジャイロボールの発見者、手塚一志さんの開くベースボール道場で教えてもらえます。

うねり投法だ!おりゃっー。